やくならマグカップも アニメ 2021年春アニメ

【やくならマグカップも(やくも)】ネタバレ感想とあらすじストーリー・キャスト・概要。

 

 

キャンプガール』『釣りガール』の次は『陶芸ガール』?

AパートがアニメでBパートで実写という珍しいパターンの作品。

ご当地盛り上げ企画に今回もアニメが一役買います!

今回は【やくならマグカップも(やくも)】の見どころや、アニメ化はどこまでするのか?などについて紹介したいと思います。

 

 

やくならマグカップも(やくも)の概要

 

 

もともとは街を元気にしようという事からスタートした作品です。

街の伝統工芸品の美濃焼をテーマとして、その 物語を通して広く皆にその良さを楽しんでもらいたいという気持ちがこもったものとなっています。

舞台も「美濃焼」 の産地である多治見市などで、母の故郷に引っ越してきた主人公の高校生が陶芸に出会い惹かれ、そこで暮らす 中で個性的な女子高校生たちとも出会い、その陶芸部員の活動を中心にしながら街の様子も楽しめる青春ストーリー です。

 

やくならマグカップも(やくも)の原作

 

 

主人公は、有名な陶芸家を母に持つものの小さな頃に亡くなってしまい、陶芸とは無縁の世界に生きてきた豊川 姫乃です。

彼女が脱サラした父と共に、母の故郷で暮らす事になった所から始まります。

そこでひょんなことから 陶芸部員と出会い、母が「まぼろしの陶芸家」と呼ばれていた事を知り、また母の作品に触れる事で自分も陶芸の 世界に足を踏み入れます。

その何気ない高校生活の中で、街の人々など沢山の出会いと経験が彼女を成長させてい きます

 

やくならマグカップも(やくも)の見どろ

 

姫乃が陶芸部に入部して、そこのメンバーである陶芸の事に詳しい十子先輩やクラスメイトで元気いっぱいの三華、 同級生でマイペースな直子らと共に送る楽しい陶芸生活の様子や、プチハプニングも起こりその人間模様も楽しめます。

そして、その陶芸シーンに登場する道具などの使い方も自然と知識として入ってくるのも嬉しい部分でもあります。

また、姫乃は有名な陶芸作家である母が居ながら、父はなぜ今まで彼女に母親の事を全く語ってこなかったのか、 その理由も後々明かされて行くと思い、大事なシーンとなっているように思います。

 

やくならマグカップも(やくも) 全話のネタバレ感想を紹介

 

1話『はじめまして!陶芸部』

高校入学当日、亡き母が作ったマグカップを並べ自己紹介する姫乃。
すると、母の作品を知っていたクラスメイトの三華に陶芸部に連れて行かれる。
知るはずのない土の匂いに心を惹かれた姫乃は、初めての陶芸に挑戦することにー
参考:公式

 

2話『陶芸部はとーげんきょう』

陶芸部に入部した姫乃は、焼き物が作れるか不安になっていた。
初心者の姫乃は、十子と三華に焼き物には色々な種類があって、街中のあちこちにもあることを教えてもらう。
焼き物は特別なものではなく、常に身近にあるものなんだ!
参考:公式

 

3話『おさななじみだもん・・・ね』

陶芸に打ち込む姫乃の傍らで直子と騒いで遊んでいた三華は、十子に怒られ部室を飛び出してしまう。
十子は三華のいない部室で、自分には無い自由な発想を持っている三華への憧れを話す……!
参考:公式

 

4話『お茶漬けの味』

父・刻四郎のお気に入りのお茶漬け用茶碗を割ってしまった姫乃。
「お父さんにぴったりなお茶碗を作る!」と決心し、父のための茶碗作りを開始する。
十子たちの協力もあって無事に完成したが、姫乃は何故か浮かない表情でー
参考:公式

 

5話『先生のひみつ☆』

模試を終えた姫乃と三華、直子の三人は、駅前で陶芸部顧問の真美を見かけ、軽い気持ちで尾行してみることに。
森を抜け、湖を通り過ぎ、ついに山へと入っていく三人。
真美が向かった先は一体!?
参考:公式

 

6話『空と風の庭』

美濃焼コンテストへ向けて準備を始める陶芸部のメンバー。
一方、何を作るべきか悩む姫乃は、顧問の真美に頼まれて旧校舎へ手伝いに行くことに。
途中、風が奏でる不思議な音に導かれた姫乃は、大きな陶器のモニュメントを目にするー
参考:公式

 

 

やくならマグカップも(やくも) 登場人物

 

豊川姫野[CV:田中美海]

主人公であり、母の故郷である多治見市に引っ越してきて、織部学園の高校一年生として学校生活を始めていきます。
その時にクラスメイトの久々梨三華と席が隣となった事がきっかけで、誘われるがまま陶芸部に入部し、そこで母が有名作家であると知ります。
普段は父との二人暮らしが長かったため家事は得意で、優しくてしっかりものでもあります。

 

久々梨三華[CV:芹澤優]

地元民で織部学園の高校一年生です。
たまたま隣の席に転校してきた豊川姫乃が来た事などから、彼女をやや強引に陶芸部へといざないます。
数少ない陶芸部員の一人です。
性格は明るくて友達想いで、陶芸が初めての姫乃に先輩としてあれこれ世話を焼きたがりますが、自身の腕はイマイチの様子に十子部長には時々厳しい事も言われてしまっています。

 

成瀬直子[CV:若井友希]

姫乃の家の向かいに住んでいて、両親は理容室を経営しています。
同じく織部学園の高校一年生で、いつも陶芸部に入り浸ってはいますが部員ではありません。
漫画やゲーム大好き少女で、ちょっと泳ぎは苦手です。
部室では漫画を高速で読みながら、三華らのやり取りを見て楽しんでいます。
割とマイペースな感じですが、みんなとも仲良しです。

 

青木十子[CV:本泉莉奈]

陶芸部の部長で、高校2年生です。
久々梨三華とは幼馴染です。
祖父が有名な陶芸家で、自身も小さな頃から作陶しているのでその腕も確かです。
なので、作品作りに没頭するあまり、周りが見えなくなってしまう事もあります。
しっかりしているもの少し人見知りの性格があり、また祖父とも少し距離を置いていますが、同じように陶芸にかける気持ちは強い物があります。

 

やくならマグカップも(やくも) どこまでする?

 

 

先ずは主人公の豊川姫乃が越してきた所から物語は始まります。

そして同級生や陶芸部員たちとの出会いから、主な4人のそれぞれのキャラクターが分かるストーリーが展開して行くと思います。

その中で、姫の知らなかった両親のストーリーも語られそうです。

なぜ父は妻の事になると口を閉ざすのか?

暗い顔の奥には、妻とのどんな想い出をかかえているのか、姫乃にもいつかは知る事となり、その辛い過去を知った上で親子でそれを乗り越えまた強くなっていきそうに思います。

また、十子もまた有名な陶芸家の祖父を持ち、陶芸家になりたい自分と違う道を歩んで欲しい両親との葛藤も現れそうに思っています。

そして部活の日々を通して姫乃は段々と作陶や釉薬の事や道具の扱いにも慣れてきて、めきめきと力がついて行きます。

その後に訪れた「美濃焼コンテスト」にも参加をする事で、また新たな陶芸の魅力に気づいていきます。

そしてみんなとの楽しい陶芸部生活を1年間繰り広げ、次に進級して後輩ができる所まで描いて行くと思います。

 

やくならマグカップも(やくも) 主題歌情報

 

アニメのオープニングテーマはMUG-MOの「扉を開けたら」です。

MUG-MOは、メインキャラクターの豊川姫乃・久々梨三華・成瀬直子・青木十子の4人がユニットを組んで歌っています。

実写パートの主題歌は、まねきケチャという5人組アイドルが「まわる世界に」を歌っています。

 

 OP  扉を開けたら/MUG-MO

 

 

 

実写版 まわる世界に/まねきケチャ

 

 

 

やくならマグカップも(やくも) 製作者情報

 

原作 プラネット/日本アニメーション
監督 神谷純
シリーズ構成・脚本 荒川稔久
キャラクターデザイン・総作画監督 吉岡彩乃
プロップデザイン 滝れーき
美術監督 田辺浩子
美術設定 網頭瑛子 岩佐禎
色彩設計 花村智子
音響監督 伊藤巧
音響制作 HALF H・P STUDIO
音楽 長谷川智樹
アニメーション制作 日本アニメーション
協力 岐阜県多治見市 多治見市観光協会 【やくならあマグカップも】活用推進協議会
製作 やくならマグカップも製作委員会

読んでほしい記事

1

バラエティやドラマ、アニメなどの放送を見た後に、特別編や裏側を配信してます! なんて告知を見た事ございませんか? Hul ...

2

いつの時代になってもフジテレビ系ドラマの月9は面白いですよね。 視聴率下がったりもしているようですが…そこは時代の流れも ...

3

忙しい毎日の中でアニメや動画や映画など見たいテレビをその時間にテレビの前でに座ってみる… なんて今どきなかなか出来る事で ...

-やくならマグカップも, アニメ, 2021年春アニメ
-, ,

© 2021 アニメ・ドラマの動画・見逃し配信・ネタバレの街