アニメ 転生したらスライムだった件

【解説 転スラ】ギィ・クリムゾンの正体や強さ・究極能力や剣技は?2期ネタバレ(転生したらスライムだった件)

 

今回は、ラノベ小説で人気を誇る「転生したらスライムだった件」略して「転スラ」に登場する、魔王ギィ・クリムゾンについてご紹介させて頂きたいと思います。

魔王ギィは、最古の魔王と言われており、あの最強であるミリムより強いと囁かれていますが...果たして、どれぐらい強いのでしょうか?

それだけでなく、ギィの正体や究極能力などにも、迫っていきたいと思います!

 

ギィ・クリムゾンとは?

 

 

ギィ・クリムゾンとは、生まれながらにして王者の風格を兼ね備えており、自身が求めた相手ではないと、相手にもしてくれないまさに実力主義者です。

そんな実力主義者のギィには、竜種のヴェルザードがおり、リムルの相棒である暴風竜ヴェルドラと強さは互角といった感じです

そして、彼は原初の悪魔でもあり、同じ悪魔の「原初の緑」ミザリー「原初の青」レインは、彼の優秀な部下でもあり、ギィが命じなければ相手に対して、助けることも倒すこともできなといった感じの、まさに絶対君主のような関係なのです。

ギィ・クリムゾンは、魔王でも悪魔でも強さは最強ですので、威圧でどんな者でも従わせることができるカリスマ性の持ち主です。

 

 

最古の魔王

 

そんな最強でカリスマ性に優れた彼ですが、元はとある国が軍事目的の為にギィ・クリムゾンを召喚し彼を利用しようとしたのです。

彼は数千年前、戦争の為だけに召喚され世界初の魔王として、この世界に生み堕とされ人間のエゴの犠牲になりました。

しかし、そのことに怒りを表にした彼は、自身を召喚した者を含め国ごと全ての者を皆殺しにしてしまいました。

魔王の進化には、大量の生贄が必要となってきますので、当然彼は魔王として誕生します...結果として、世界で最初の魔王となり今後、リムルに会うまでは最強の魔王として君臨し続けました。

 

 

原初の赤

 

 

魔王ギィは、原初の悪魔もある為「原初の赤」と呼ばれています。

原初の~とは、転スラの世界で初めて悪魔が確認されたことにより、その数が7体の悪魔だった為、色で識別されるようになりました。

この7体の悪魔は、最強の悪魔達で「上位魔物将」「長い年月の間生きている」「知識と力をとてつもなく蓄えた」ことが特徴的です。

ギィと同じく強い「原初の黒」である、ディアブロも最強の悪魔に君臨しています。

 

 

ギィが使う究極能力や剣の技術もご紹介!

 

 

ここからは、魔王ギィが使う究極能力や剣の技術についてご紹介させて頂きたいと思います。

 

究極能力:傲慢之王(ルシフェル)

 

ギィの代表的な能力であり、相手のスキルを一度見た瞬間にコピーし自身で調節して使うことができるという、万能能力なのです!

そんな恐ろしい技は、なんとあのミリムの「憤怒之王」をコピーし使う、または制御することができてしまうので、使い方によっては世界を滅ぼしかねないスキルとなっています。

 

究極能力:深淵之神(ノーデンス)

 

こちらの能力も最強のギィに相応しい能力で、万有具現能力といい、なんでも生み出してしまう能力です。

言ってしまえば、その場にないものを自身が望むだけで自由自在に出すことができるので、ドラえもんの四次元ポケットのようなものですね!

 

剣技も一流

 

能力だけではなく剣技の腕も一流です。

転スラの世界で最高峰の剣士である、全盛期の勇者ルドラやクロエと互角に戦うことができる、最強の悪魔の称号に依存することなく、己の強さを日々実感しているギィはとても努力しているから、今まで彼より最強の存在が現れなかったのです。

 

ギィと関わりのある人物をご紹介!

 

ここからは、ギィと関わりのある人物をご紹介させて頂きたいと思います。

 

ミリム

 

 

ミリムは、魔王になる前のリムルと戦いそうになりましたが、そのときのリムルはミリムよりとっても弱かったです。

彼女は、魔王の中でも最強である為あまり彼女を怒らせないようにしようとしますが、ギィは違います。

2人は、戦ったことがありその凄まじい衝撃で、軽く世界の半分が壊れるほどです...その威力は、原子爆弾を軽く何万と超える数であるとも言われています。

ギィは、相手のスキルをコピーしてしまうので、決着がつかず2人は7日7晩戦ったことがありました。

天災同士がぶつかったといっても、過言ではないでしょう...。

 

 

ディアブロ

 

 

ディアブロは、リムルのことをとある理由で慕っており、彼の強さは最強クラスです。

鬼人のベニマルが彼の波動を感じたとき「敵に回したくない」と言っていましたが、実はギィよりは断然弱いのです。

かつて、悪魔として君臨した7体の悪魔のうち、赤と黒はお互いに「ギィ」の名前をかけて、熾烈な戦いを繰り広げました

お互いとても強いのですが、ギィのコピーする技により圧倒的に不利になってしまいました。

結果として、赤であるギィが勝ちました。

 

リムル

 

 

ワルプルギスの宴で、リムルが初めて覚醒魔王として名前をあげましたが、このときギィはリムルの人柄に興味深々でした。

当初から見込みがあったと思ったようで、軽くやり合いますが、すぐにリムルのことを認めるようになります。

リムルが十大魔王という名前を改名し、八星魔王と名前をつけますが、これにギィは「いいじゃねーかー!」と喜んでいました。

そして、同じ魔王であるディーノをリムルに押し付けたりと、将来ある意味いい仲になっていきます。

 

ラミリス

 

 

昔、ミリムと自身の戦いをラミリスに止められて以来、彼女とは交友関係を築いていきました。

彼女もギィのことが気に入っており、よく話をしたりしていました...それだけでなく、ラミリスが何か困ったことがあったら「俺を頼れよ」と言い聞かせており、彼女に何かした者がいれば必然とギィを敵に回すことになるので、この先良い人生を送れることができなくなります。

それぐらい、最古の魔王を敵に回したら怖いということなのです。

 

ワルプルギスの宴でのギィとは?

 

 

今回、転スラ2期の要となる「ワルプルギスの宴」はクレイマンによって開催されますが...ギィ本人は、クレイマンよりリムルに期待をしていました

彼は、リムルが十大魔王の仲間入りをしようとした際、スライムの実力とはどれぐらいのものなのか?と試します。

そんなギィの思惑なんかどうでもいいと思ったリムルは、己が心に抱いた気持ちを晴らすべく魔王クレイマンに復讐します。

簡単に、魔王クレイマンを殺してしまったリムルに対し、興味が湧いたギィはリムルのことをお気に入りのように、可愛がりまた接するようになります。

逆に、リムルは自身と仲良くしてくれるなら、願ってもないことだと彼と交友を持つようになりました。

ギィは、力がある者しか認めない為、リムルにとってワルプルギスの宴とは、魔王の初舞台となりました。

 

2期でのギィとは?

 

 

今回は、転スラの魔王ギィ・クリムゾンについてご紹介させて頂きました。

果たして、転スラ2期ではどんな姿を私達に披露してくれるのでしょうか?

2021年1月になんと連続3クール放送予定ですので、楽しみに期待しましょうね!

 

読んでほしい記事

no image 1

バラエティやドラマ、アニメなどの放送を見た後に、特別編や裏側を配信してます! なんて告知を見た事ございませんか? Hul ...

no image 2

いつの時代になってもフジテレビ系ドラマの月9は面白いですよね。 視聴率下がったりもしているようですが…そこは時代の流れも ...

no image 3

忙しい毎日の中でアニメや動画や映画など見たいテレビをその時間にテレビの前でに座ってみる… なんて今どきなかなか出来る事で ...

-アニメ, 転生したらスライムだった件

© 2021 アニメ・ドラマの動画・見逃し配信・ネタバレの街